get_term

(2.3.0以降)
get_term - IDを指定してカテゴリー・タグ情報を取得する

説明

mixed get_term( mixed $term [ , string $taxonomy = '' [ , string $output = OBJECT [ , string $filter = 'raw' ] ] ] )
IDを指定してカテゴリー・タグ情報を取得する。

パラメータ

  • $term
    ID(term_id)またはカテゴリー・タグ情報のオブジェクトを指定。
  • $taxonomy
    タクソノミー名として'category'、'post_tag'、'link_category'などを指定([4.4.0]省略時は'')。
  • $output
    出力型を示すOBJECT、ARRAY_A、ARRAY_Nの何れか(省略時はOBJECT)。
  • $filter
    フィルター名(省略時は'raw')。

返り値

カテゴリー・タグが見つかった場合はそのカテゴリー・タグ情報をパラメータ$outputで指定された型で返す。カテゴリー・タグが見つからなかった場合はnullを返す。また、パラメータ$termが空の場合、$taxonomyが無効なタクソノミー名の場合はWP_Errorのオブジェクトを返す。 $outputがOBJECTの場合(デフォルト)、メンバー変数は次の通り。
プロパティ名データ型意味
term_idintID
namestring名前
slugstringスラッグ
term_groupintグループID
term_taxonomy_idintタクソノミーID
taxonomystringタクソノミー名。カテゴリーの場合は'category'、タグの場合は'post_tag'となる
descriptionstring説明
parentint親カテゴリーID。親カテゴリーがない場合は0となる
countint投稿数

注意

返り値はWP_Errorのオブジェクトの場合あるので、返り値がオブジェクトであってもis_wp_error関数で確認するのが望ましい。 またパラメータ$termにカテゴリー・タグ情報のオブジェクトを指定した場合、フィルター処理を行った後、$outputで指定した型に変換したデータを返す。

[4.4.0]パラメータ$taxonomyは省略可能になった。

使用例

  • IDが10のカテゴリー情報を取得する。
    <?php $cat = get_term( 10, 'category' ); ?>

フィルター

[2.3.0]ターム情報を取得した直前に'get_term'フィルターを呼び出す。パラメータ$_termには取得したターム情報が、$taxonomyには本関数が受け取った値が格納されている。
$_term = apply_filters( 'get_term', $_term, $taxonomy );
[2.3.0]'get_term'フィルターの直前に"get_$taxonomy"フィルターを呼び出す($taxonomyはタクソノミー名)。パラメータ$_termには取得したターム情報が、$taxonomyには本関数が受け取った値が格納されている。
$_term = apply_filters( "get_$taxonomy", $_term, $taxonomy );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/taxonomy.php

関連

お勧めコンテンツ

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する(2013年1月27日 登録)

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

最終更新日時 : 2016-05-22 22:45