get_terms

(2.3.0以降)
get_terms - タクソノミー情報を取得する

説明

array get_terms( mixed $taxonomies, [ mixed $args = '' ] )
条件を指定してタクソノミー情報を検索し、マッチしたすべてのデータを取得する。

パラメータ

  • $taxonomies
    タクソノミー名。複数指定する場合は配列で指定。
    タクソノミー名意味
    categoryカテゴリー
    post_tag投稿タグ
    nav_menuメニュー
    link_categoryリンクのカテゴリー
  • $args
    検索条件を指定する文字列または連想配列。主なキーワードは次の通り。
    キーワード意味
    orderbyソート対象を示すcount、name、slug、term_group、none、idなど(省略時は'name')
    orderソート順を示すASCかDESC(省略時はASC)
    hide_empty投稿記事がないタクソノミーを取得しない場合はtrue(1)、投稿記事がないタクソノミーも取得する場合はfalse(0)を指定(省略時はtrue)
    exclude取得したくないタクソノミーのID(複数指定する場合は,で区切る)
    exclude_tree取得したくないタクソノミーのID(複数指定する場合は,で区切る)。指定されたIDのタクソノミーが子タクソノミーを持っている場合、それらの子カテゴリーも除外される。
    include取得したいタクソノミーのID(複数指定する場合は,で区切る)
    number取得件数(省略時は条件にマッチするすべてを取得する)
    offset取得開始位置(省略時は0:先頭)
    fields情報項目を示すall、count、ids、namesなどを指定(省略時はall)
    slug取得したいタクソノミーのスラッグを指定
    hierarchicaltrue(1)またはfalse(0)を指定(省略時はtrue)
    search取得したいタクソノミーの名前(その一部)を指定
    name__like取得したいタクソノミーの名前の先頭部分を指定
    pad_counts子タクソノミーの投稿件数を親タクソノミーに加算する場合はtrue(1)を指定(省略時はfalse)
    getすべてのカテゴリー情報を取得する場合にallを指定
    child_ofカテゴリーのIDを指定(そのIDのタクソノミーの子孫がすべて対象となる)
    parentカテゴリーのIDを指定(そのIDのタクソノミーの子カテゴリーのみが対象となる)

返り値

マッチしたすべてのデータが格納された配列を返す。タクソノミー情報のメンバー変数は次の通り。
プロパティ名データ型意味
term_idintID
namestring名前
slugstringスラッグ
term_groupintグループID
term_taxonomy_idintタクソノミーID
taxonomystringタクソノミー名
descriptionstring説明
parentint親タクソノミーのID。親タクソノミーがない場合は0となる
countint投稿数

注意

タクソノミー情報は、投稿記事の付随情報のことで、カテゴリーや投稿タグなどが含まれている。get_categoriesget_tagsでは、このget_termsを使用して情報を取得している。
パラメータ$argsで指定する検索条件はデフォルトでは'hide_empty'がtrueのため、投稿のないタクソノミーは取得できない。投稿数に関係なくすべてのカテゴリー情報を取得する場合は、'get=all'を指定するのが便利。
なお'parent'が指定された場合は、'child_of=0'、'hierarchical=false'、'pad_counts=false'へと強制的に変更される。
また'get=all'が指定された場合は、'child_of=0'、'hide_empty=0'、'hierarchical=false'、'pad_counts=false'へと強制的に変更される。

使用例

  • すべてのカテゴリー情報を取得する。
    <?php $categories = get_terms( 'category', 'get=all' ) ); ?>
  • すべての投稿タグ情報を取得する。
    <?php $tags = get_terms( 'post_tag', 'get=all' ) ); ?>

フィルター

[4.4.0]パラメータ$argsとマージする前にデフォルトのクエリー条件を調整する'get_terms_defaults'フィルターを呼び出す。パラメータ$defaultsにはデフォルトのクエリー条件(連想配列)が、$taxonomiesには本関数が受け取った内容がfalseが格納される。
$args = wp_parse_args( $args, apply_filters( 'get_terms_defaults', $defaults, $taxonomies ) );
[3.1.0]パラメータ$argsの初期値を調整するために'get_terms_args'フィルターを呼び出す。パラメータ$args$taxonomiesには本関数が受け取った内容が格納される。
$args = apply_filters( 'get_terms_args', $args, $taxonomies );
[2.8.0]ソート対象を確定するために'get_terms_orderby'フィルターを呼び出す。パラメータ$orderbyはソート対象、$taxonomiesは本関数が受け取った内容が、$argsはフィルター処理済みの内容が格納される。
$orderby = apply_filters( 'get_terms_orderby', $orderby, $args, $taxonomies );
[2.3.0]除外するターム情報を確定するために'list_terms_exclusions'フィルターを呼び出す。パラメータ$exclusionsは除外する条件文、$taxonomiesは本関数が受け取った内容が、$argsはフィルター処理済みの内容が格納される。
$exclusions = apply_filters( 'list_terms_exclusions', $exclusions, $args, $taxonomies );
[2.8.0]ターム情報の取得する項目を確定するために'get_terms_fields'フィルターを呼び出す。パラメータ$selectsは項目の配列、$taxonomiesは本関数が受け取った内容が、$argsはフィルター処理済みの内容が格納される。
$selects = apply_filters( 'get_terms_fields', $selects, $args, $taxonomies );
[3.1.0]ターム情報の取得前に'terms_clauses'フィルターを呼び出す。パラメータ$clausesは検索項目の連想配列、$taxonomiesは本関数が受け取った内容が、$argsはフィルター処理済みの内容が格納される。
$clauses = apply_filters( 'terms_clauses', $clauses, $taxonomies, $args );
[2.3.0]ターム情報の配列を返す直前に'get_terms'フィルターを呼び出す。パラメータ$termsはターム情報の配列、$taxonomiesは本関数が受け取った内容が、$argsはフィルター処理済みの内容が格納される。
$terms = apply_filters( 'get_terms', $terms, $taxonomies, $args );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/taxonomy.php

関連

お勧めコンテンツ

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

Paste JSON text:プラグイン作ってみました(2012年1月19日 登録)

動作検証用のサーバーと本番サーバーで投稿データの同期作業(コピー&ペースト)を支援するプラグインです。動作検証用のサーバーで投稿記事をJSONテキストに変換してクリップボードにコピー。本番サーバーの新規投稿ページでクリップボードにコピーしたJSONテキストをペーストして、投稿記事のコピー&ペーストを実現します。複数サーバー間で投稿記事の同期を行っている方は、お試しあれ。

最終更新日時 : 2016-02-18 15:10