get_the_author_posts_link

(4.4.0以降)
get_the_author_posts_link - 投稿者アーカイブページのリンクを取得する

説明

string get_the_author_posts_link( )
投稿者アーカイブページのリンクを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

投稿者アーカイブページのリンクを返す。

注意

本関数は4.4でthe_author_posts_link関数から分離した。グローバル変数$authordataを参照し、投稿者データでない場合は何も返さない(the_author_posts_linkフィルターも実行しない)。リンクの書式は次の通り。

<a href="投稿者アーカイブページのURL" title="投稿者アーカイブページ('Posts by %s'の翻訳テイストで%sには投稿者名)のタイトル" rel="author">投稿者名</a>

使用例

  • 投稿者アーカイブページのリンクを取得する。
    <?php $link = get_the_author_posts_link(); ?>

フィルター

[2.9.0]リンクを返す直前にthe_author_posts_linkフィルターを呼び出す。パラメータ$linkにはリンク(HTMLテキスト)の内容が格納される。
return apply_filters( 'the_author_posts_link', $link );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/author-template.php

関連

お勧めコンテンツ

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

投稿ページにキーワード検索ウィジェットを追加する(2012年6月2日 登録)

「投稿の編集」ページで記事を編集していると、関連する投稿記事を検索したくなることがある。そんな時、「投稿一覧」ページに戻って「キーワード検索」を行えばいいのだが、そのひと手間がちょっとだけ煩わしい。

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

最終更新日時 : 2015-12-16 12:23