get_the_content

(0.71以降)
get_the_content - 現在の投稿情報のコンテンツを取得する

説明

string get_the_content( [ string $more_link_text = null [ , bool $strip_teaser = false ] ] )
現在の投稿情報のコンテンツを取得する。

パラメータ

  • $more_link_text
    ページ分割時に表示される区切り文字列。省略時は(more...)となる。
  • $strip_teaser
    trueの場合はページを分割し、falseの場合は分割しない。(省略時はfalse)。

返り値

現在の投稿情報のコンテンツを返す。

注意

単純に投稿情報のコンテンツ部分を返すのではなく、リクエスト状況に応じたHTMLテキストを返している。

・現在の投稿情報がパスワード保護されている場合は、パスワード入力フォームを返す。

・コンテンツが分割されている場合は、その分割部分と(必要に応じて)モアリンクのテキストを加えたものを返す。

使用例

  • 現在の投稿情報のコンテンツを取得する。
    <?php $content = get_the_content(); ?>
  • モアリンクのテキストを'[次へ…]'として、現在の投稿情報のコンテンツを取得する。
    <?php $content = get_the_content( '[次へ…]' ); ?>

フィルター

モアリンクをのHTMLテキストを追加する直前に'the_content_more_link'フィルターを呼び出す。パラメータ$more_linkにはモアリンクのHTMLテキストが、$more_link_textにはモアリンクのテキストが格納される。
$output .= apply_filters( 'the_content_more_link', $more_link, $more_link_text );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-template.php

関連

お勧めコンテンツ

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2013年9月13日 登録)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。

ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する(2013年12月17日 登録)

管理者向けページが刷新したWordPress 3.8。そのダッシュボードページにはサイトの状況を示す「概要(At a Glance)」ウィジェットがある。この中には「投稿」や「固定ページ」の投稿件数が表示されており、同じようにカスタム投稿タイプの投稿件数を表示できないか調べてみた。

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する(2013年1月27日 登録)

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

最終更新日時 : 2014-03-03 19:49