get_the_post_navigation

(4.1.0以降)
get_the_post_navigation - 投稿ページ向けのナビゲーションを取得する

説明

string get_the_post_navigation( [ array $args = array() ] )
投稿ページ向けのナビゲーションを取得する。

パラメータ

  • $args
    パラメータを連想配列で指定(省略時はarray())。
    キー意味省略時の値
    'prev_text'前ページリンクの表記'%title'
    'next_text'次ページリンクの表記'%title'
    'in_same_term'[4.4.0]同じタームで前後の投稿を検索する場合はtrueを指定false
    'excluded_terms'[4.4.0]除外するタームIDをカンマ区切りまたは配列で指定''
    'taxonomy'[4.4.0]タクソノミーを指定'category'
    'screen_reader_text'ナビゲーションの見出し(h2タグの中身)__( 'Post navigation' )

返り値

投稿ページ向けのナビゲーション(HTML)を返す。

注意

ナビゲーションはnavタグを使用し、前ページのリンクには'nav-previous'クラス、次ページのリンクには'nav-next'クラスが指定されている。

使用例

  • 投稿ページ向けのナビゲーションを取得する。
    <?php $nav = get_the_post_navigation(); ?>
  • 投稿ページ向けのナビゲーションをリンク表記を指定して取得する。
    <?php $nav = get_the_post_navigation( array( 'prev_text' => '前へ', 'next_text' => '次へ' ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

最終更新日時 : 2015-12-16 11:57