get_the_post_thumbnail

(2.9.0以降)
get_the_post_thumbnail - アイキャッチ画像のHTMLテキストを出力する

説明

string get_the_post_thumbnail( [ int $post_id = null [ , mixed $size = 'post-thumbnail' [ , mixed $attr = '' ] ] ] )
アイキャッチ画像(サムネイル)のHTMLテキストを取得する。

パラメータ

  • $post_id
    投稿情報IDを指定(省略時はnull)。
  • $size
    サイズを文字列または配列で指定(省略時は'post-thumbnail')。
  • $attr
    アイキャッチ画像取得時の属性を文字列または連想配列で指定(省略時は'')。

返り値

アイキャッチ画像を表示するimgタグのHTMLテキストを返す。

注意

パラメータ$post_idを省略した場合はnullが適用され、現在の投稿情報を対象としてアイキャッチ画像を調べ、HTMLテキストを生成する。
なお、以下に示すadd_theme_support関数にてテーマがアイキャッチ画像をサポートしていないと本関数を含めアイキャッチ画像関連関数は未定義となるので、注意が必要である。
add_theme_support( 'post-thumbnails' );

使用例

  • アイキャッチ画像(サムネイル)のHTMLテキストを取得する。
    <?php $thumbnail = get_the_post_thumbnail( ); ?>
  • $post_idで指定した投稿記事に添付されているアイキャッチ画像(サムネイル)のHTMLテキストをサイズを指定して取得する。
    <?php $thumbnail = get_the_post_thumbnail( $post_id, array( 250, 250 ) ); ?>
  • $post_idで指定した投稿記事に添付されているアイキャッチ画像(サムネイル)のHTMLテキストをclass属性を文字列で指定して取得する。
    <?php $thumbnail = get_the_post_thumbnail( $post_id, 'post-thumbnail', 'class=photo_frame' ); ?>
  • $post_idで指定した投稿記事に添付されているアイキャッチ画像(サムネイル)のHTMLテキストをclass属性を連想配列で指定して取得する。
    <?php $thumbnail = get_the_post_thumbnail( $post_id, 'post-thumbnail', array( 'class'=>'photo_frame' ) ); ?>

フィルター

wp_get_attachment_image関数でアイキャッチ画像のHTMLテキストを取得する前に、パラメータで受け取った$sizeのフィルター処理を行う。
$size = apply_filters( 'post_thumbnail_size', $size );
結果を返す直前に実行される。$htmlにはアイキャッチ画像のHTMLテキストが格納されており、このフィルターで任意の処理を行うことができる。
return apply_filters( 'post_thumbnail_html', $html, $post_id, $post_thumbnail_id, $size, $attr );

アクション

wp_get_attachment_image関数にてアイキャッチ画像のHTMLを取得する前に実行される。
do_action( 'begin_fetch_post_thumbnail_html', $post_id, $post_thumbnail_id, $size );
wp_get_attachment_image関数にてアイキャッチ画像のHTMLを取得した後に実行される。
do_action( 'end_fetch_post_thumbnail_html', $post_id, $post_thumbnail_id, $size );

ソースファイル

/wp-includes/post-thumbnail-template.php

関連

お勧めコンテンツ

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2014-09-12 19:36