get_theme_mods

(3.1.0以降)
get_theme_mods - 現在のテーマ固有のプロパティをすべて取得する

説明

mixed get_theme_mods( )
現在のテーマ固有のプロパティをすべて取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

現在のテーマ固有のプロパティが登録されている場合は連想配列を返す。登録されていない場合はfalseを返す。

注意

現在のテーマ固有のプロパティは、'theme_mods_$theme_slug' という名前($theme_slugは現在のテーマ名)で格納される。
なお、WordPress 3.1より前は 'mods_$theme_name' という名前で登録されており、管理者権限のユーザーが本関数を呼び出した際、'mods_$theme_name' で登録されているデータを削除している。

使用例

  • 現在のテーマ固有のプロパティをすべて取得する。
    <?php $mods = get_theme_mods( ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/theme.php

関連

  • delete_option - サイトオプションを削除する
  • get_option - オプションの値を取得する
  • get_theme_mod - 現在のテーマ固有のプロパティ値を取得する
  • remove_theme_mod - 現在のテーマ固有のプロパティを削除する
  • remove_theme_mods - 現在のテーマ固有のプロパティをすべて削除する
  • set_theme_mod - 現在のテーマ固有のプロパティ値を設定する
  • update_option - サイトオプションの値を更新する

お勧めコンテンツ

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

最終更新日時 : 2012-06-11 22:46