get_url_in_content

(3.6.0以降)
get_url_in_content - aタグのURLを抜き出す

説明

mixed get_url_in_content( string $content )
文字列の中に含まれるaタグのURLを抜き出す。

パラメータ

  • $content
    文字列を指定。

返り値

パラメータ$contentにaタグのhref属性の値を返す。aタグのhref属性がなかった場合はfalseを、パラメータ$contentが「空」の場合は''を返す。

注意

最初に見つかったhref属性を持つaタグがURLの抽出対象になる。該当するaタグが複数あっても全部取得できるわけではないので、その点は注意かも。
URLはesc_url_raw関数によってエスケープ処理されたものになる。

使用例

  • 変数$textのaタグのURLを抜き出す。
    <?php $url = get_url_in_content( $text ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

関連

  • esc_url_raw - URL文字列をデータベース向けにクリーニングする

お勧めコンテンツ

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

最終更新日時 : 2013-08-02 10:18