get_user_meta

(3.0.0以降)
get_user_meta - ユーザメタ情報を取得する

説明

mixed get_user_meta( int $user_id [ , string $key = '' [ , bool $single = false ] ] )
ユーザメタ情報(拡張情報)を取得する。

パラメータ

  • $user_id
    ユーザIDを指定。
  • $key
    メタ情報の名前を指定(省略時は'')。
  • $single
    単一のカスタムフィールドの値を取得する場合はtrue、複数のカスタムフィールドの値を取得する場合はfalseを指定(省略時はfalse)。

返り値

パラメータ$singleがtrueの場合は、ユーザメタ情報にパラメータ$keyの名前で登録されている1番目のメタ情報の値を文字列として返す。パラメータ$singleがfalseの場合は、ユーザメタ情報にパラメータ$keyの名前で登録されているすべてのメタ情報の値を配列で返す。

注意

ユーザメタ情報が設定されてない場合、返り値は空文字列になる。

使用例

  • 'profile'という名前のユーザメタ情報の値を取得する。
    <?php $keywords = get_user_meta( $user->ID , 'profile' , true ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/user.php

関連

お勧めコンテンツ

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する(2013年12月17日 登録)

管理者向けページが刷新したWordPress 3.8。そのダッシュボードページにはサイトの状況を示す「概要(At a Glance)」ウィジェットがある。この中には「投稿」や「固定ページ」の投稿件数が表示されており、同じようにカスタム投稿タイプの投稿件数を表示できないか調べてみた。

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

最終更新日時 : 2014-05-20 09:33