get_user_option

(2.0.0以降)
get_user_option - ユーザプロフィール情報を取得する

説明

mixed get_user_option( string $option [ , int $user = 0 [ , mixed $deprecated = '' ] ] )
ユーザオプション(プロフィール)情報を取得する。

パラメータ

  • $option
    オプション名を指定。
  • $user
    ユーザIDを指定(省略時は0)。
  • $deprecated
    3.0でdeprecatedに(使用は推奨されない)。

返り値

パラメータ$optionに応じた設定値を返す。オプション名が無効な場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$userを省略した場合は、wp_get_current_user関数を使って現在のユーザが適用される。

使用例

  • 現在のユーザの「ビジュアルリッチエディターを使用しない」がチェックされているか取得する。
    <?php $option = get_user_option( 'rich_editing' ); >
  • ユーザIDが3の「ブログ上の表示名」を取得する。
    <?php $name = get_user_option( 'display_name', 3 ); >

関連

お勧めコンテンツ

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

最終更新日時 : 2012-09-16 15:47