get_year_link

(1.5.0以降)
get_year_link - 年アーカイブのURLを取得する

説明

string get_year_link( mixed $year )
年アーカイブのURLを取得する。

パラメータ

  • $year
    年を数値で指定(falseを指定する場合は現在の年となる)。

返り値

年アーカイブのURLを返す。

注意

通常、年アーカイブのURLパターンは、"/%year%/"となる。

使用例

  • 現在の年のリンクを取得する。
    <?php $url = get_year_link( false ); ?>
  • 2011年のリンクを取得する。
    <?php $url = get_year_link( 2011 ); ?>

フィルター

URLを返す直前にyear_linkフィルターを実行する。$urlにはリンク先URLとなり、$yearは対象の年の値が格納される。
return apply_filters('year_link', $url, $year);

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

  • get_day_link - 日アーカイブのURLを取得する
  • get_month_link - 月アーカイブのURLを取得する
  • home_url - 現在のブログのホームURLを取得する

お勧めコンテンツ

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

テキストエディタの文字を変更する(2016年8月30日 登録)

テキストエディタ(投稿ページの「テキスト」タブのエディタ)に標準では備わっていない機能を追加する自作プラグイン「html entities button」がほぼ1年ぶりにアップデート。ここではバージョン2.0.0で追加したテキストエディタのフォント切り替え機能について紹介する。

最終更新日時 : 2012-02-02 13:57