has_filter

(1.2.0以降)
has_filter - WordPressタグにフィルターが登録されているか調べる

説明

mixed has_filter( $tag, [ mixed $function_to_check = false ] )
WordPressタグにフィルターが登録されているか調べる。

パラメータ

  • $tag
    WordPressタグ名
  • $function_to_check
    フィルター関数を示す名前(文字列)または配列

返り値

登録されているフィルター関数のプライオリティ値を返す。登録されていない場合はfalseを返す。

注意

特にありません。

使用例

  • WordPressタグ'the_content'にフィルター'convert_smilies'が登録されているか調べる。
    <?php if ( has_filter( 'the_content', 'convert_smilies' ) ) : ;>

関連

  • add_filter - フィルター関数を追加する
  • has_action - WordPressタグにアクションが登録されているか調べる
  • remove_filter - WordPressタグに登録されているフィルターを削除する

お勧めコンテンツ

ダッシュボードのフィードボックスをカスタマイズ(2011年7月8日 登録)

管理者ページのトップページ「ダッシュボード」には、「WordPress 開発者ブログ」と「WordPress フォーラム」という2つのフィードボックスが表示されている。自分のような開発者には有益な情報をもたらしているが、一般の方には必要のない情報かもしれない。今回はこのフィードボックスをカスタマイズする方法を紹介する(管理者権限)。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する(2013年12月17日 登録)

管理者向けページが刷新したWordPress 3.8。そのダッシュボードページにはサイトの状況を示す「概要(At a Glance)」ウィジェットがある。この中には「投稿」や「固定ページ」の投稿件数が表示されており、同じようにカスタム投稿タイプの投稿件数を表示できないか調べてみた。

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

最終更新日時 : 2011-02-18 16:17