img_caption_shortcode

(2.6.0以降)
img_caption_shortcode - キャプション付き画像のHTMLテキストを生成する

説明

string img_caption_shortcode( array $attr [ , string $content = null ] )
キャプション付き画像のHTMLテキストを生成する(投稿記事に添付画像を挿入する場合に使用されているの実態関数)。

パラメータ

  • $attr
    属性値の連想配列。
    属性名意味値の例
    iddivタグのIDattachment_1234
    align配置指定(alignnone、alignleft、aligncenter、alignright)alignnone
    width画像幅300
    captionキャプションテキスト
  • $content
    画像のHTMLテキスト(省略時はnull)。

返り値

キャプション付き画像のHTMLテキストを返す。

注意

生成されるHTMLテキストは次のような構造になる(なおパラメータ$contentの内容は、HTMLタイプ(HTMLかXHTML)に応じて整形される)。
<div id="$attrのid値" class="wp-caption $attrのalign値" style="width: $attrのwidth値に10を加えた値;">$contentの内容<p class="wp-caption-text">$attrのcaption値</p></div>

使用例

  • キャプション付き画像のHTMLテキストを生成する。
    <?php 
    echo img_caption_shortcode( 
    	array(  'id'=>'attachment_1234', 
    		'align'=>'alignnone', 
    		'width'=>300, 
    		'caption'=>'ここにキャプション' ), 
    	'<a href="http://localhost/wp-content/uploads/image100.jpg"><img src="http://localhost/wp-content/uploads/image100-300x200.jpg" alt="ここに代替テキスト" title="ここにタイトル" width="300" height="200" class="size-medium wp-image-1234" /></a>' ); 
    ?>
    上記の場合に生成されるHTMLテキストは次の通り。
    <div id="attachment_12341" class="wp-caption alignnone" style="width: 310px">
    <a href="http://localhost/wp-content/uploads/image100.jpg">
    <img src="http://localhost/wp-content/uploads/image100-300x200.jpg" alt="ここに代替テキスト" title="ここにタイトル" width="300" height="200" class="size-medium wp-image-1234">
    </a>
    <p class="wp-caption-text">ここにキャプション</p>
    </div>
    ※ここでは便宜上改行しているが、実際に取得できるHTMLテキストは改行していません。

関連

お勧めコンテンツ

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.7.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

Contact Form 7に確認フェーズを(2011年12月12日 登録)

Contact Form 7はWordPressによるサイト製作でお世話になることが多いプラグインの1つ。ただ、クライアント様によっては、入力、確認、送信の3フェーズにしたいという要望があり、そんな時は別の方法を採用していたのですが、JavaScript(jQuery)を使ってページ遷移しなくてもいいなら確認フェーズは用意できるかなと思い、作り込んでみた。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40