is_admin_bar_showing

(3.1.0以降)
is_admin_bar_showing - ツールバー(admin bar)の表示状態を調べる

説明

bool is_admin_bar_showing()
ツールバー(admin bar)の表示状態を調べる。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

ツールバー(admin bar)が表示の場合はtrue、非表示の場合はfalseを返す。

注意

'XMLRPC_REQUEST'、DOING_AJAX'、'IFRAME_REQUEST'のいずれかが定義されている場合は必ずfalseになる。
管理者がログインしている場合は必ずtrueになる。利用者がログインしていない場合、利用者がログインしていて「プロフィール」の「サイトを見るときにツールバーを表示する」がチェックされていない場合はfalseになる。

使用例

  • ツールバー(admin bar)の表示状態を調べる。
    <?php if ( is_admin_bar_showing() ) : ?>

フィルター

表示状態を返す直前にshow_admin_barフィルターを呼び出す。パラメータ$show_admin_barには表示状態(trueまたはfalse)が渡る。
$show_admin_bar = apply_filters( 'show_admin_bar', $show_admin_bar );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/admin-bar.php

関連

  • is_admin - リクエストページが管理者ページか調べる
  • is_user_logged_in - 閲覧者がログイン済みか調べる
  • show_admin_bar - ツールバー(admin bar)を強制的に表示/非表示する

お勧めコンテンツ

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

「投稿に挿入」時のタグをちょっとカスタマイズ(2011年7月29日 登録)

投稿画面において、画像をアップロードし投稿に挿入するすると、imgタグをaタグで囲んだものが挿入される(キャプションを指定した場合はタグも)。それらの画像をLightBox(JavaScriptライブラリ)で表示する場合、aタグにrel属性を追加するのだが、その作業を毎回投稿に挿入した後で行うのがちょっと面倒。というわけで、自動的にrel属性を追加するようにしてみました。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

最終更新日時 : 2013-03-05 10:54