load_plugin_textdomain

(1.5.0以降)
load_plugin_textdomain - プラグイン用のMOファイルをロードする

説明

bool load_plugin_textdomain( string $domain [ , mixed $abs_rel_path = false [ , mixed $plugin_rel_path = false ] ] )
プラグイン用の国際化用ファイル(MOファイル)をロードする。

パラメータ

  • $domain
    ドメイン名を指定。
  • $abs_rel_path
    2.7以降は使用が推奨されておらず、falseを指定。
  • $plugin_rel_path
    プラグインの相対パス名(プラグインのディレクトリ名など)を指定(省略時はfalse)。

返り値

国際化用ファイル(MOファイル)をロードできた場合はtrueを、ロードできなかった場合はfalseを返す。

注意

ドメイン名は、__関数や_e関数といった翻訳テキストを使用する際のパラメータとして指定する。
パラメータを$plugin_rel_pathを省略した場合、プラグインディレクトリにあるドメイン名-ロケール情報.moファイルがロードされる。例)ドメイン名が'mydomain'、ロケール情報が'ja'の場合

/wp-content/plugins/mydomain-ja.mo

パラメータを$plugin_rel_pathを指定した場合、自プラグインにあるドメイン名-ロケール情報.moファイルがロードされる。例)ドメイン名が'mydomain'、プラグインの相対パス名が'myplugin'、ロケール情報が'ja'の場合

/wp-content/plugins/myplugin/mydomain-ja.mo

[4.6.0]国際化用ファイルをロードするディレクトリの優先度が変更になり、パラメータ$plugin_rel_pathよりも定数WP_LANG_DIR(標準では/wp-content/languages/plugins/)の示すディレクトリが優先されるようになった。プラグインのバージョンアップ直後などは、新しいプラグインの国際化用ファイルが読み込まれないケースがあるかもしれません。

使用例

  • プラグインの国際化用ファイル(MOファイル)をロードする。
    <?php load_plugin_textdomain( 'mydomain' ); ?>

フィルター

[3.0.0]はじめにロケール情報を確定するために'plugin_locale'フィルターを呼び出す。パラメータ$localeにはget_locale関数の値が、$domainには本関数が受け取った値が格納されている。
$locale = apply_filters( 'plugin_locale', $locale, $domain );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/l10n.php

関連

  • esc_attr_e - 翻訳テキストを表示する
  • get_locale - 現在のロケール情報を取得する
  • load_textdomain - MOファイルをロードする
  • _e - 翻訳テキストを表示する
  • __ - 翻訳テキストを取得する
  • WP_PLUGIN_DIR - プラグインが格納されているディレクトリのパス名

お勧めコンテンツ

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.0.0の新機能は「こちら」で確認してください。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2013年9月13日 登録)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

最終更新日時 : 2016-08-18 14:28