mysql2date

(0.71以降)
mysql2date - MySQLの日時情報を変換する

説明

mixed mysql2date( string $dateformatstring, string $mysqlstring [ , bool $translate = true ] )
MySQLの日時情報を変換する。

パラメータ

  • $dateformatstring
    変換したい書式の文字列('G'、'U'、PHPのdate関数で指定できる書式)を指定。
  • $mysqlstring
    投稿記事の投稿日時や更新日時の文字列を指定。
  • $translate
    地域によって変換する場合はtrue、変換しない場合はfalseを指定。

返り値

パラメータ$dateformatstringに応じて変換した日時情報の文字列または秒数を返す。パラメータ$mysqlstringが未設定の場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$dateformatstringに'G'または'U'が指定されていた場合は、1970年1月1日からの経過秒数を返す。 /div>

使用例

  • 投稿記事$postの投稿日時を1970年1月1日からの経過秒数に変換する。
    <?php $time = mysql2date( 'U', $post->post_date ); ?>
  • 投稿記事$postの投稿日時を'y.m.d'の書式に変換する。
    <?php $date = mysql2date( 'y.m.d', $post->post_date ); ?>

関連

  • date_i18n - 日付/時刻を書式化した文字列を取得する
  • get_the_date - 投稿データの投稿日を取得する
  • setup_postdata - 投稿記事に関連するグローバル変数を設定する

お勧めコンテンツ

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

Login rebuilder:プラグイン作ってみました(2013年1月18日 登録)

昨年投稿した「ログインページを変える」をプラグイン化。ログインページを独自の名前のページ変更し、標準のログインページwp-login.phpを使用できないようにするプラグインです。部外者によるwp-login.phpのアクセスにお悩みの方にお勧めします。また2.0.0では「XML-RPCリクエストの管理機能」を追加しました。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

最終更新日時 : 2015-09-24 18:39