next_posts_link

(0.71以降)
next_posts_link - 次の投稿一覧ページのリンクを表示する

説明

void next_posts_link( [ string $label = 'Next Page »' [ , int $max_page = 0 ] ] )
カテゴリーやタグなどのアーカイブページにおいて、1ページの投稿件数以上の投稿があった場合に次ページへのリンクを表示する。

パラメータ

  • $label
    リンクに表示されるラベル。省略時は'Next Page »'。
  • $max_page
    ページの上限を指定。省略時は0となり、上限設定はない。

返り値

返り値はありません。

注意

1ページの投稿件数以上の投稿がないか最終ページの場合は、何も表示されない。

使用例

  • '次の10件へ'というラベルでリンクを表示する。
    <?php next_posts_link( '次の10件へ' ); ?>

関連

  • is_paged - 分割された2ページ目以降か調べる
  • next_posts - アーカイブページなどの次ページリンクを取得または表示する
  • previous_posts_link - 前の投稿一覧ページのリンクを表示する

お勧めコンテンツ

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 登録)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

「投稿に挿入」時のタグをちょっとカスタマイズ(2011年7月29日 登録)

投稿画面において、画像をアップロードし投稿に挿入するすると、imgタグをaタグで囲んだものが挿入される(キャプションを指定した場合はタグも)。それらの画像をLightBox(JavaScriptライブラリ)で表示する場合、aタグにrel属性を追加するのだが、その作業を毎回投稿に挿入した後で行うのがちょっと面倒。というわけで、自動的にrel属性を追加するようにしてみました。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

最終更新日時 : 2009-12-17 12:34