number_format_i18n

(2.3.0以降)
number_format_i18n - 数値を1000位毎にグループ化して国際化対応にフォーマットする

説明

string number_format_i18n( mixed $number [ , int $decimals = 0 ] )
数値を1000位毎にグループ化して国際化対応にフォーマットする。

パラメータ

  • $number
    整数または浮動小数点数(その文字列)を指定。
  • $decimals
    小数点以下の桁数を指定(省略時は0)。

返り値

パラメータ$numberを1000桁毎にグループ化して国際化対応にフォーマットした文字列を返す。

注意

PHPのnumber_format関数の国際化対応版。WordPressの関数説明(コメント)ではパラメータ$numberは整数となっているが(WordPress 3.4.2現在)、実際は浮動小数点数にも対応している。

使用例

  • 小数点以下がないフォーマット済みの数値を取得する。
    <?php $formatted = number_format_i18n( $num ); ?>
  • 小数点以下1桁のフォーマット済みの数値を取得する。
    <?php $formatted = number_format_i18n( $num, 1 ); ?>

フィルター

値を返す直前'number_format_i18n'フィルターが呼び出される。パラメータ$formattedにはフォーマット済みの数字が格納される。
apply_filters( 'number_format_i18n', $formatted );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

  • date_i18n - 日付/時刻を書式化した文字列を取得する
  • get_comments_number_text - コメント数を示す文字列を取得する
  • paginate_links - ページネートリンクを取得する
  • size_format - 数値を1000桁毎(1024)にグループ化してサイズフォーマットする
  • timer_stop - タイマー開始時からの経過時間を取得する

お勧めコンテンツ

テーマから投稿画像のサイズを指定する(2012年3月15日 登録)

投稿記事に挿入する画像サイズは、サムネイル(150×150)、中サイズ(300×300)、大サイズ(1024×1024)がデフォルトだが、テーマによっては別のサイズを指定したい場合はある。基本的には、「設定」-「メディア」の「メディア設定」ページで指定できるが、テーマ内のfunctions.phpで設定しておくとちょっと便利かもしれない。

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 登録)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

最終更新日時 : 2014-09-05 12:01