plugins_url

(2.6.0以降)
plugins_url - プラグインの保存先URLを取得する

説明

string plugins_url( [ string $path = '' [ , string $plugin = '' ] ] )
プラグインの保存先URLを取得する。

パラメータ

  • $path
    プラグインの保存先パス名(省略時は'')。
  • $plugin
    プラグインのファイル名(省略時は'')。プラグインのファイルなら__FILE__を指定する。

返り値

プラグインの保存先URLを返す。
例)http://localhost/wp/wp-content/plugins
※ドメイン名がlocalhostで、WordPressをwpディレクトリにインストールした場合。

注意

末尾に'/'は付かない。

使用例

  • プラグインの保存先URLを取得する。
    <?php $plugin_url = plugins_url( '', __FILE__ ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

最終更新日時 : 2014-07-04 14:22