post_type_supports

(3.0.0以降)
post_type_supports - 投稿タイプが特徴を有しているか調べる

説明

bool post_type_supports( string $post_type, string $feature )
投稿タイプが特徴(≒編集要素)を有しているか調べる。

パラメータ

  • $post_type
    投稿タイプ名を指定。
  • $feature
    特徴('title'、'editor'、'author'、'thumbnail'、'excerpt'、'trackbacks'、'custom-fields'、'comments'、'revisions'、'post-formats'など)を指定。

返り値

投稿タイプが特徴を有している場合はtrueを、投稿タイプが無効か特徴を有していない場合はfalseを返す。

注意

特徴は管理画面で表示される要素と一致しない場合がある。例えば、標準で組み込まれるページ('page')は管理画面上ではカスタムフィールドは表示されないがデータ上は'custom-fields'は有している。

使用例

  • 投稿タイプ'my_post'が'editor'を有しているか調べる。
    <?php if ( post_type_supports( 'my_post', 'editor' ) ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

最終更新日時 : 2016-05-25 07:02