previous_posts_link

(0.71以降)
previous_posts_link - 前の投稿一覧ページのリンクを表示する

説明

void previous_posts_link( [ string $label = '« Previous Page' ] )
カテゴリーやタグなどのアーカイブページにおいて、1ページの投稿件数以上の投稿があった場合に前ページへのリンクを表示する。

パラメータ

  • $label
    リンクに表示されるラベル。省略時は'« Previous Page'。

返り値

返り値はありません。

注意

1ページの投稿件数以上の投稿がないか先頭ページの場合は、何も表示されない。

使用例

  • '前の10件へ'というラベルでリンクを表示する。
    <?php previous_posts_link( '前の10件へ' ); ?>

関連

  • is_paged - 分割された2ページ目以降か調べる
  • next_posts_link - 次の投稿一覧ページのリンクを表示する
  • previous_posts - アーカイブページなどの前ページリンクを取得または表示する

お勧めコンテンツ

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

最終更新日時 : 2009-12-17 12:35