remove_action

(1.2.0以降)
remove_action - WordPressタグに登録されているアクションを削除する

説明

bool remove_action( $tag, mixed $function_to_remove [ , int $priority = 10 [ , int $accepted_args = 1 ] ] )
WordPressタグに登録されているアクションを削除する。

パラメータ

  • $tag
    WordPressタグ名
  • $function_to_remove
    アクション関数を示す名前(文字列)または配列
  • $priority
    アクション関数のプライオリティ値(省略時は10)
  • $accepted_args
    アクション関数のパラメータ数(省略時は1)

返り値

アクション関数を削除できた場合はtrue、削除できなかった(登録されていなかった)場合はfalseを返す。

注意

現状のWordPress内部ではアクションとフィルターは同じ扱いになっており、この関数の内部ではremove_filter関数にパラメータを引き継ぎ、アクションを削除している。

使用例

  • WordPressタグ'wp_head'に登録されているアクション'wp_generator'を削除する。
    <?php remove_action( 'wp_head', 'wp_generator' ); ;>

関連

  • add_action - アクション関数を追加する
  • has_action - WordPressタグにアクションが登録されているか調べる
  • remove_filter - WordPressタグに登録されているフィルターを削除する

お勧めコンテンツ

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

テーマから投稿画像のサイズを指定する(2012年3月15日 登録)

投稿記事に挿入する画像サイズは、サムネイル(150×150)、中サイズ(300×300)、大サイズ(1024×1024)がデフォルトだが、テーマによっては別のサイズを指定したい場合はある。基本的には、「設定」-「メディア」の「メディア設定」ページで指定できるが、テーマ内のfunctions.phpで設定しておくとちょっと便利かもしれない。

管理画面でツールバー(Admin bar)を非表示にする(2013年3月5日 登録)

WordPress使ってちょっと変わったサイトを構築する際、管理画面のツールバーを表示させたくないケースがある。一般に公開するサイト側であれば、show_admin_bar関数で非表示にできるのだが、管理画面ではこれを使ってもツールバーは消えてくれない。

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

テキストエディタの文字を変更する(2016年8月30日 登録)

テキストエディタ(投稿ページの「テキスト」タブのエディタ)に標準では備わっていない機能を追加する自作プラグイン「html entities button」がほぼ1年ぶりにアップデート。ここではバージョン2.0.0で追加したテキストエディタのフォント切り替え機能について紹介する。

最終更新日時 : 2011-06-23 16:40