remove_filter

(1.2.0以降)
remove_filter - WordPressタグに登録されているフィルターを削除する

説明

bool remove_filter( $tag, mixed $function_to_remove [ , int $priority = 10 [ , int $accepted_args = 1 ] ] )
WordPressタグに登録されているフィルターを削除する。

パラメータ

  • $tag
    WordPressタグ名
  • $function_to_remove
    フィルター関数を示す名前(文字列)または配列
  • $priority
    フィルター関数のプライオリティ値(省略時は10)
  • $accepted_args
    フィルター関数のパラメータ数(省略時は1)

返り値

フィルター関数を削除できた場合はtrue、削除できなかった(登録されていなかった)場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$priorityを省略した場合は10となる。フィルターを削除する際、プライオリティ値が一致しないと削除されない。

[3.5.0]パラメータ$accepted_argsは、使用されなくなった。

使用例

  • WordPressタグ'the_title'に登録されているフィルター'trim'を削除する。
    <?php remove_filter( 'the_title', 'trim' ); ;>
  • 'comment_text'フィルターの'convert_smilies'を削除する。
    <?php remove_filter( 'comment_text', 'convert_smilies', 20 ); ;>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/plugin.php

関連

  • add_filter - フィルター関数を追加する
  • has_filter - WordPressタグにフィルターが登録されているか調べる
  • remove_action - WordPressタグに登録されているアクションを削除する

お勧めコンテンツ

ダッシュボードのフィードボックスをカスタマイズ(2011年7月8日 登録)

管理者ページのトップページ「ダッシュボード」には、「WordPress 開発者ブログ」と「WordPress フォーラム」という2つのフィードボックスが表示されている。自分のような開発者には有益な情報をもたらしているが、一般の方には必要のない情報かもしれない。今回はこのフィードボックスをカスタマイズする方法を紹介する(管理者権限)。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

最終更新日時 : 2016-06-01 08:59