remove_query_arg

(1.5.0以降)
remove_query_arg - クエリーURIからパラメータを削除する

説明

string remove_query_arg( mixed $key [ , bool $query = false ] )
クエリーURIからパラメータ(キー名=値)を削除する。

パラメータ

  • $key
    キー名またはその配列
  • $query
    クエリーURIを指定(省略時はfalse)

返り値

更新されたクエリーURIを返す。

注意

パラメータ$queryを省略した場合は、$_SERVER['REQUEST_URI']が更新対象となる。

使用例

  • $_SERVER['REQUEST_URI']からキー名's'のパラメータを削除する。
    <?php $new_uri = remove_query_arg( 's' ); ?>
  • $_SERVER['REQUEST_URI']からキー名's'と'paged'のパラメータを削除する。
    <?php $new_uri = remove_query_arg( array( 's', 'paged' ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

お勧めコンテンツ

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

最終更新日時 : 2015-12-13 10:51