sanitize_text_field

(2.9.0以降)
sanitize_text_field - 文字列をサニタイズする

説明

string sanitize_text_field( string $str )
INPUT要素に入力された文字列またはデータベースに格納された文字列をサニタイズする。

パラメータ

  • $str
    任意の文字列を指定。

返り値

サニタイズした文字列を返す。

注意

文字エンコードUTF-8で無効な文字やHTML要素の記述を取り除く。また改行文字やタブ文字はスペースに置き換える。

改行文字を含む文字列についてはsanitize_textarea_fieldが使用できる。

使用例

  • 変数$strの内容をサニタイズする。
    <?php $str = sanitize_text_field( $str ); ?>

フィルター

[2.9.0]標準のサニタイズ処理を行った後'sanitize_text_field'フィルターを呼び出す。パラメータ$filteredにはサニタイズされた内容が、$strには本関数が受け取った内容が格納されている。
return apply_filters( 'sanitize_text_field', $filtered, $str );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

関連

お勧めコンテンツ

Post-tag automaton:プラグイン作ってみました(2012年7月3日 登録)

みなさんは投稿をポストする際に投稿タグを付け忘れたことはないでしょうか。このプラグインは、投稿をポストする際にタイトルと記事に投稿タグが含まれていないか調べ、含まれていた場合はその投稿タグを追加します。

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2015年4月10日 登録)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

テキストエディタの文字を変更する(2016年8月30日 登録)

テキストエディタ(投稿ページの「テキスト」タブのエディタ)に標準では備わっていない機能を追加する自作プラグイン「html entities button」がほぼ1年ぶりにアップデート。ここではバージョン2.0.0で追加したテキストエディタのフォント切り替え機能について紹介する。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

最終更新日時 : 2016-12-09 10:34