sanitize_title

(1.0.0以降)
sanitize_title - タイトルから無効な文字を除外する

説明

string sanitize_title( string $title [ , string $fallback_title = '' [ , string $context = 'save' ] ] )
タイトルから無効な文字を除外する。

パラメータ

  • $title
    タイトルを指定。
  • $fallback_title
    無効な文字を除外した結果が''になる場合もタイトルを指定(省略時は'')。
  • $context
    コンテキスト('save'など)を指定(省略時は'save')。

返り値

パラメータ$titleから無効な文字を除外した文字列を返す。

注意

パラメータ$contextが'save'の場合は、remove_accents関数によってアクセント文字の差し替えが行われる。

使用例

  • タイトルから無効な文字を除外する。
    <?php $post_name = sanitize_title( $post->post_title ); ?>
  • タイトルから無効な文字を除外する。
    <?php $post_name = sanitize_title( $post->post_title, 'no-title' ); ?>

フィルター

'sanitize_title'フィルターを呼び出す。パラメータ$titleには処理済みの文字列が、$raw_titleには本関数のパラメータ$titleの内容がが格納される。
$title = apply_filters( 'sanitize_title', $title, $raw_title, $context );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

関連

お勧めコンテンツ

Posts filter multiselect:プラグイン作ってみました(2015年3月9日 登録)

先週の金曜日、知り合いの方から「投稿一覧ページで絞り込みを行う際、複数選択できないか」といった問い合わせがあり、その時には「標準では無理ですね」と返答しました。このこと自体は事実なのですが、要するに「複数選択可能なドロップダウンメニュー」が実現できれば対応するのはそれほど難しくないような気がしました。この週末、そんなノリでちょっとコーディングしてできたのがこのプラグインです。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

最終更新日時 : 2016-12-14 14:29