selected

(1.0.0以降)
selected - selected属性を表示する

説明

string selected( mixed $selected [ , mixed $current = true [ , bool $echo = true ] ] )
HTMLのselected属性を表示する。パラメータ$echoにfalseを指定した場合は表示しない。

パラメータ

  • $selected
    selected属性を表示するか調べる変数(または条件)を指定。
  • $current
    パラメータ$selectedと比較する値(省略時はtrue)。
  • $echo
    selected属性を表示する場合はtrue、表示しない場合はfalseを指定(省略時はtrue)。

返り値

パラメータ$selectedがパラメータ$currentと一致する場合は" selected='selected'"を、一致しない場合は''を返す。

注意

出力されるselected属性の前に半角スペースが入る。

使用例

  • $_GET['engine']が'1000'の場合、optionタグにselected属性を表示する。
    <option<?php selected( $_GET['engine'], '1000' ); ?> value="1000">1000ccクラス</option>

関連

  • checked - checked属性を表示する
  • disabled - disabled属性を表示する

お勧めコンテンツ

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加しました。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

最終更新日時 : 2011-06-23 16:34