size_format

(2.3.0以降)
size_format - 数値を1000桁毎(1024)にグループ化してサイズフォーマットする

説明

bool size_format( mixed $bytes [ , int $decimals = 0 ] )
ファイルやメモリーなどの数値を1000桁毎(1024)にグループ化してサイズフォーマットする。

パラメータ

  • $bytes
    整数(その文字列)を指定。
  • $decimals
    小数点以下の桁数を指定(省略時は0)。

返り値

パラメータ$bytesを1000桁毎にグループ化してサイズフォーマットした文字列を返す。パラメータ$bytesの数値の大きさによって、返される文字列は変わる。$bytesは0以下の場合はfalseを返す。
数値単位表記
TB1099511627776
GB1073741824
MB1048576
kB1024
B1

注意

単位は、数値の大きい順、すなわち'TB'、'GB'、'MB'の順に適用される。なお、1024以上1048576未満のキロバイト表記は'KB'ではなく'kB'になる。

使用例

  • 小数点以下がないサイズフォーマット済みの数値を取得する。
    <?php $formatted = size_format( $size ); ?>
  • 小数点以下1桁のサイズフォーマット済みの数値を取得する。
    <?php $formatted = size_format( $size, 1 ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

  • number_format_i18n - 数値を1000位毎にグループ化して国際化対応にフォーマットする

お勧めコンテンツ

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

最終更新日時 : 2012-12-12 11:13