the_embed_site_title

(4.5.0以降)
the_embed_site_title - エンベッドテンプレート向けにサイトタイトルを表示する

説明

void the_embed_site_title( )
エンベッドテンプレート向けにサイトタイトルを表示する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

返り値はありません。

注意

表示されるサイトタイトルのHTMLは、標準では次の内容となる。

<a href="{サイトのホームURL}" target="_top"><img src="{32ピクセルのアイコンURL}" srcset="{64ピクセルのアイコンURL} 2x" width="32" height="32" alt="" class="wp-embed-site-icon"/><span>{サイト名}</span></a>

使用例

  • エンベッドテンプレート向けにサイトタイトルを表示する。

フィルター

[4.4.0]サイトタイトルを表示する前に'embed_site_title_html'フィルターを呼び出す。パラメータ$site_titleはサイトタイトルのHTMLが格納される。
echo apply_filters( 'embed_site_title_html', $site_title );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/embed.php

関連

  • admin_url - 管理者ページのURLを取得する
  • get_site_icon_url - サイトアイコンのURLを取得する
  • home_url - 現在のブログのホームURLを取得する

お勧めコンテンツ

Paste JSON text:プラグイン作ってみました(2012年1月19日 登録)

動作検証用のサーバーと本番サーバーで投稿データの同期作業(コピー&ペースト)を支援するプラグインです。動作検証用のサーバーで投稿記事をJSONテキストに変換してクリップボードにコピー。本番サーバーの新規投稿ページでクリップボードにコピーしたJSONテキストをペーストして、投稿記事のコピー&ペーストを実現します。複数サーバー間で投稿記事の同期を行っている方は、お試しあれ。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

ダッシュボードのフィードボックスをカスタマイズ(2011年7月8日 登録)

管理者ページのトップページ「ダッシュボード」には、「WordPress 開発者ブログ」と「WordPress フォーラム」という2つのフィードボックスが表示されている。自分のような開発者には有益な情報をもたらしているが、一般の方には必要のない情報かもしれない。今回はこのフィードボックスをカスタマイズする方法を紹介する(管理者権限)。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

最終更新日時 : 2016-04-22 15:06