update_user_meta

(3.0.0以降)
update_user_meta - ユーザメタ情報を取得する

説明

bool update_user_meta( int $user_id, string $meta_key, mixed $meta_value [ , mixed $prev_value = '' ] )
ユーザメタ情報(拡張情報)を更新する。

パラメータ

  • $user_id
    ユーザIDを指定。
  • $meta_key
    メタ情報の名前を指定。
  • $meta_value
    メタ情報の値を指定。
  • $prev_value
    更新前の値を指定(省略時は'')。

返り値

メタ情報を更新した場合はtrue、更新できなかった場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$meta_keyで指定したメタ情報が存在しない場合はそのメタ情報を追加する。
パラメータ$prev_valueを指定すると、メタ情報の名前と値のペアでメタ情報を検索し、それに一致した場合のみ更新する。

使用例

  • 名前'addr1'の値を、'Kanagawa'に変更する。
    <?php update_user_meta( $user->ID , 'addr1' , 'Kanagawa' ); ?>
  • 名前'addr1'で値が'Tokyo'の値を、'Kanagawa'に変更する。
    <?php update_user_meta( $user->ID , 'addr1' , 'Kanagawa', 'Tokyo' ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/user.php

関連

  • get_users - ユーザー情報を取得する
  • get_user_by - ユーザ情報の一部を指定し、マッチするユーザ情報を取得する
  • get_user_meta - ユーザメタ情報を取得する
  • wp_insert_user - ユーザを登録する

お勧めコンテンツ

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

Login rebuilderに「XML-RPC設定」を追加しました(2015年12月31日 登録)

公式サイトで公開しているプラグイン「Login rebuilder」をバージョンアップし、XML-RPCリクエストの管理機能を追加しました。Login rebuilderの主たる機能は、ログインページをサイト別にユニークなURLに変更し、ログインページへの不正アクセスを回避することです。WordPressのXML-RPCリクエストはピンバックや外部ツールやサイトなどとの連携に利用されていますが、今回追加した機能ではXML-RPCリクエストの処理に対していくつかの制限できるようにしています。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 登録)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2013-05-07 13:13