url_shorten

(1.2.0以降)
url_shorten - URLを短縮する

説明

string url_shorten( string $url [ , int $length = 35 ] )
(表示向けに)URLを短縮する。

パラメータ

  • $url
    URLを指定。
  • $length
    短縮する最大文字数を指定。

返り値

URLを短縮した文字を返す。

注意

これまで管理者ページ向けに提供されていたが、4.4.0から一般向けに切り替わった。

'https://'、'http://'、'www.'は取り除かれ、さらに指定文字数を超える場合は末尾が'…'になる。

URLが日本語のようなマルチバイト文字をURLエンコードしたものを含んでいる場合、本関数で処理した後の内容は正しくURLデコードできない可能性がある。

使用例

  • URLを短縮して表示する。
    <?php echo esc_url( url_shorten( $url ) ); ?>
  • URLを最大40文字に短縮して表示する。
    <?php echo esc_url( url_shorten( $url, 40 ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

関連

お勧めコンテンツ

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

ダッシュボードのフィードボックスをカスタマイズ(2011年7月8日 登録)

管理者ページのトップページ「ダッシュボード」には、「WordPress 開発者ブログ」と「WordPress フォーラム」という2つのフィードボックスが表示されている。自分のような開発者には有益な情報をもたらしているが、一般の方には必要のない情報かもしれない。今回はこのフィードボックスをカスタマイズする方法を紹介する(管理者権限)。

最終更新日時 : 2015-12-16 12:20