user_can_richedit

(2.0.0以降)
user_can_richedit - ビジュアルリッチエディターが使用できるか調べる

説明

string user_can_richedit( )
ビジュアルリッチエディターが使用できるか調べる。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

ビジュアルリッチエディターが使用できる場合はtrue、使用できない場合はfalseを返す。

注意

内部では、まずget_user_option関数を使ってユーザがビジュアルリッチエディターを使用できるか調べ(管理画面「ユーザー」「あなたのプロフィール」の「ビジュアルリッチエディターを使用しない」のチェック状態)、さらにブラウザのユーザエージェントを調べてビジュアルリッチエディターに対応しているブラウザかどうか(※iPhoneのブラウザは未対応としている)、現在のページがコメント編集ページ以外かも調べる。 なお、一度調べた結果は$wp_rich_editに格納され、2回目以降はその値を返す。

使用例

  • ビジュアルリッチエディターが使用できるか調べる。
    <?php if ( user_can_richedit( ) ) : >

関連

  • wp_default_editor - デフォルトの投稿エディタタイプを取得する
  • $is_iphone - ブラウザがiPhoneか調べる
  • $pagenow - 管理ページのページファイル名
  • $wp_rich_edit - ビジュアルリッチエディターの使用可能状態

お勧めコンテンツ

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

Login rebuilder:プラグイン作ってみました(2013年1月18日 登録)

昨年投稿した「ログインページを変える」をプラグイン化。ログインページを独自の名前のページ変更し、標準のログインページwp-login.phpを使用できないようにするプラグインです。部外者によるwp-login.phpのアクセスにお悩みの方にお勧めします。また2.0.0では「XML-RPCリクエストの管理機能」を追加しました。

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

4.2の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2015年5月13日 登録)

ダッシュボードの「アクティビティ」ウィジェットは「投稿(post)」の状況を表示し、固定ページ(page)やカスタム投稿タイプの投稿記事の状況については標準では表示されない。このことに対して以前『3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する』を紹介したのだが、4.2では新しいフィルターが追加され、カスタマイズが少し容易になった。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

最終更新日時 : 2011-06-21 20:56