wp_add_inline_script

(4.5.0以降)
wp_add_inline_script - インラインスクリプトを追加する

説明

bool wp_add_inline_script( string $handle, string $data [ , string $position = 'after' ] )
インラインスクリプトを追加する。

パラメータ

  • $handle
    インラインスクリプトを追加位置を示すハンドル名を指定。
  • $data
    インラインスクリプトを指定。
  • $position
    $handleで示されたスクリプトの後に追加する場合は'after'を、前に追加する場合は'after'以外を指定(省略時は'after')。

返り値

インラインスクリプトが追加できた場合はtrueを、追加できなかった場合はfalseを返す。

注意

この関数を使用する場合、wp_enqueue_scriptsアクションなどの特定のアクション内で呼び出す必要がある。

パラメータ$handleに指定するハンドル名は、キューに追加されているものでなけばならない(このインラインスクリプトのハンドル名のつもりで適当な名前をつけてもスクリプトは表示されない)。jquery.jsの後にインラインスクリプトを追加する場合、ハンドル名は'jquery'ではなく'jquery-core'を指定する必要がある('jquery'だと表示されない)。

使用例

  • jquery.jsの後にインラインスクリプトを追加する。
    <?php
    function test_add_scripts() {
    	$data = <<<EOT
    var _text = 'hello';
    console.log( _text );
    EOT;
    	wp_add_inline_script( 'jquery-core', $data );
    }
    add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'test_add_scripts' );
    ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/wp-scripts.php

関連

お勧めコンテンツ

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 登録)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

ダッシュボードのフィードボックスをカスタマイズ(2011年7月8日 登録)

管理者ページのトップページ「ダッシュボード」には、「WordPress 開発者ブログ」と「WordPress フォーラム」という2つのフィードボックスが表示されている。自分のような開発者には有益な情報をもたらしているが、一般の方には必要のない情報かもしれない。今回はこのフィードボックスをカスタマイズする方法を紹介する(管理者権限)。

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

最終更新日時 : 2016-04-23 13:48