wp_add_inline_style

(3.3.0以降)
wp_add_inline_style - インラインスタイルを追加する

説明

bool wp_add_inline_style( string $handle, string $data )
インラインスタイルを追加する。

パラメータ

  • $handle
    スタイルのハンドル名を指定。
  • $data
    スタイルテキストを指定。

返り値

スタイルを追加できた場合はtrueを、追加できなかった場合はfalseを返す。

注意

スタイルファイルはwp_enqueue_styleまたはwp_register_style関数を使用するが、本関数を使用することでその設定を上書きするインラインスタイルを指定できる。なおパラメータ$dataで指定するスタイルテキストはstyle要素で囲まないこと。

使用例

  • $dataの内容をインラインスタイルを追加する。
    <?php
    function my_enqueue_scripts() {
    	wp_enqueue_style( 'mytheme-style', get_template_directory_uri() . '/css/customize.css' );
    	wp_add_inline_style( 'mytheme-style', $data );
    }
    add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'my_enqueue_scripts' );
    ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.wp-styles.php

関連

お勧めコンテンツ

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

Contact Form 7に確認フェーズを(2011年12月12日 登録)

Contact Form 7はWordPressによるサイト製作でお世話になることが多いプラグインの1つ。ただ、クライアント様によっては、入力、確認、送信の3フェーズにしたいという要望があり、そんな時は別の方法を採用していたのですが、JavaScript(jQuery)を使ってページ遷移しなくてもいいなら確認フェーズは用意できるかなと思い、作り込んでみた。

ダッシュボードのフィードボックスをカスタマイズ(2011年7月8日 登録)

管理者ページのトップページ「ダッシュボード」には、「WordPress 開発者ブログ」と「WordPress フォーラム」という2つのフィードボックスが表示されている。自分のような開発者には有益な情報をもたらしているが、一般の方には必要のない情報かもしれない。今回はこのフィードボックスをカスタマイズする方法を紹介する(管理者権限)。

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

最終更新日時 : 2015-02-09 10:06