wp_check_filetype_and_ext

(3.0.0以降)
wp_check_filetype_and_ext - ファイルタイプと拡張子を調べる

説明

array wp_check_filetype_and_ext( string $file, string $filename [ , array $mimes = null ] )
ファイルタイプと拡張子を調べる。

パラメータ

  • $file
    ファイルのフルパス名を指定。
  • $filename
    ファイル名を指定。
  • $mimes
    MIMEタイプの連想配列を指定。

返り値

ファイルタイプと拡張子情報としてキーが'ext'、'type'、'proper_filename'の連想配列を返す。ファイルは有効なMIMEタイプでない場合は'ext'と'type'の値はfalseとなり、ファイルが見つからない場合は'proper_filename'の値はfalseとなる。

注意

パラメータ$filenameから取得したMIMEタイプが画像ファイルのもので、$fileの内容を精査して取得したMIMEタイプと異なる場合は、後者を優先し、$filenameの拡張子を変更したものがキー'proper_filename'の値となる。

使用例

  • アップロードしたファイル'file1'のファイルタイプと拡張子を調べる。
    <?php $filetye_and_ext = wp_check_filetype_and_ext( $_FILES['file1']['tmp_name'], $_FILES['file1']['name'] ); ?>

フィルター

[3.0.0]MIMEタイプが画像ファイルで実際のファイルから取得したものと一致しない場合、'getimagesize_mimes_to_exts'フィルターを呼び出す。パラメータ$image_mime_to_extはキーがMIMEタイプ、値が拡張子の連想配列(標準ではJPEG、PNG、GIF、BMP、TIFF)となる。
$mime_to_ext = apply_filters( 'getimagesize_mimes_to_exts', $image_mime_to_ext );
[3.0.0]取得したファイルタイプと拡張子情報を返す直前、'wp_check_filetype_and_ext'フィルターを呼び出す。パラメータ$filetye_and_extはファイルタイプと拡張子情報、その他は本関数が受け取った同名のパラメータの値となる。
return apply_filters( 'wp_check_filetype_and_ext', $filetye_and_ext, $file, $filename, $mimes );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

お勧めコンテンツ

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

最終更新日時 : 2014-10-10 18:57