wp_check_password

(2.5以降)
wp_check_password - ログインパスワードか調べる

説明

bool wp_check_password( string $password, string $hash [ , mixed $user_id = '' ] )
ユーザのログインパスワードか調べる。

パラメータ

  • $password
    調べるパスワードを指定。
  • $hash
    ユーザのパスワードハッシュを指定。
  • $user_id
    ユーザIDを指定。

返り値

パスワードが一致する場合はtrueを、一致しない場合はfalseを返す。

注意

WordPressのログインパスワードはハッシュ値として保存されているので、この関数を使って一致するか調べる。

使用例

  • 'guest'ユーザのパスワードが'guest'か調べる。
    <?php $guest_user = get_user_by( 'login', 'guest' );
    if ( isset( $guest_user ) && wp_check_password( 'guest', $guest_user->user_pass, $guest_user->ID ) ) { ?>

フィルター

パスワードのチェック結果を返す直前、'check_password'フィルターを呼び出す。パラメータ$checkにはチェック結果のbool値、その他は本関数のパラメータの値が格納される。
return apply_filters( 'check_password', $check, $password, $hash, $user_id );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/pluggable.php

関連

お勧めコンテンツ

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

Login rebuilderのログ表示機能を紹介(2015年7月9日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」には、バージョン1.2.0からログ情報を保存・確認する機能が備わっています。このログ情報では直近のログインページへの不正アクセスやログイン試行を確認できます。ここでは保存しているログ情報の見方について簡単に説明します。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

最終更新日時 : 2013-05-22 19:42