wp_convert_hr_to_bytes

(2.3.0以降)
wp_convert_hr_to_bytes - バイト数を示すテキストを数値に変換する

説明

int wp_convert_hr_to_bytes( string $value )
バイト数を示すテキストを数値に変換する。

パラメータ

  • $value
    バイト数を示すテキストを指定。

返り値

バイト数を示すテキストを数値を返す。なお変換した数値がPHP_INT_MAX(通常は21,4748,3647)を超える場合はPHP_INT_MAXを返す。

注意

テキストにGまたはgが含まれる場合はギガバイト(1,073,741,824)、Mまたはmが含まれる場合はメガバイト(1,048,576)、Kまたはkが含まれる場合はキロバイト(1,024)として数値に変換する。

使用例

  • '512M'を数値に変換する。
    <?php $value_int = wp_convert_hr_to_bytes( '512M' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

[2.3.0]/wp-includes/media.php
[4.6.0]/wp-includes/load.php

関連

お勧めコンテンツ

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.7.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

最終更新日時 : 2016-08-17 15:31