wp_delete_file

(4.2.0以降)
wp_delete_file - ファイルを削除する

説明

void wp_delete_file( string $file )
ファイルを削除する。

パラメータ

  • $file
    ファイルのパス名を指定。

返り値

返り値はありません。

注意

'wp_delete_file'フィルターは2.1.0から存在し、メディアなどで使用しなくなったファイルを削除する際の削除確認に使用されていた。4.2以降でファイルを削除する場合は、直接unlink関数を呼び出さないほうがいいのかも。

使用例

  • $pathで指定されたファイルを削除する。
    <?php
    if ( function_exists( 'wp_delete_file' ) )
    	wp_delete_file( $path );
    else
    	@unlink( $path );
    ?>

フィルター

[2.1.0]ファイルを削除する前に'wp_delete_file'フィルターを呼び出す。パラメータ$fileにはファイルのパス名が格納される。このフィルターで''のようなempty評価になる値を返すと、ファイルは削除されない。
$delete = apply_filters( 'wp_delete_file', $file );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

お勧めコンテンツ

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

Posts filter multiselect:プラグイン作ってみました(2015年3月9日 登録)

先週の金曜日、知り合いの方から「投稿一覧ページで絞り込みを行う際、複数選択できないか」といった問い合わせがあり、その時には「標準では無理ですね」と返答しました。このこと自体は事実なのですが、要するに「複数選択可能なドロップダウンメニュー」が実現できれば対応するのはそれほど難しくないような気がしました。この週末、そんなノリでちょっとコーディングしてできたのがこのプラグインです。

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

テーマから投稿画像のサイズを指定する(2012年3月15日 登録)

投稿記事に挿入する画像サイズは、サムネイル(150×150)、中サイズ(300×300)、大サイズ(1024×1024)がデフォルトだが、テーマによっては別のサイズを指定したい場合はある。基本的には、「設定」-「メディア」の「メディア設定」ページで指定できるが、テーマ内のfunctions.phpで設定しておくとちょっと便利かもしれない。

最終更新日時 : 2015-04-26 10:35