wp_editor

(3.3.0以降)
wp_editor - エディタを表示する

説明

void wp_editor( string $content, string $editor_id [ , array $settings = array( ] )
エディタを表示する。

パラメータ

  • $content
    エディタに設定するテキストを指定。
  • $editor_id
    エディタのIDを指定。
  • $settings
    エディタの各種設定を連想配列で指定(省略時は空配列)。連想配列のキー名は次の通り。
    キー名意味省略時の値
    'wpautop'wpautopを使用する場合はtrue、使用しない場合はfalseを指定true
    'media_buttons'メディアボタンを表示する場合はtrue、表示しない場合はfalseを指定true
    'textarea_name'name属性値を指定パラメータ$editor_idの値
    'textarea_rows'エディタの行数を指定20
    'tabindex'tabindex属性値を指定''
    'tabfocus_elements'タブフォーカスの要素属性ID':prev,:next'
    'editor_css'エディタのスタイル''
    'editor_class'エディタのクラス名''
    'teeny'最少エディタの場合はtrue、それ以外がfalseを指定false
    'dfw'フルスクリーンモード(DFW)の指定false
    'tinymce'TinyMCEの読み込みtrue
    'quicktags'Quicktagsの読み込みtrue

返り値

返り値がありません。

注意

この関数を使用することで、投稿画面のコンテンツエディタと同様のエディタを任意の場所に表示できる(基本的にプラグインによる拡張部分は適用されない)。

使用例

  • IDが'memo'のエディタを表示する。
    <?php wp_editor( '', 'memo' ); ?>
  • IDが'post-content'、メディアボタンなし、name属性が'post[content]'、3行分のエディタを表示する。
    <?php wp_editor( '', 'post-content', array( 'media_buttons'=>false, 'textarea_name'=>'post[content]','textarea_rows'=>3 ) ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

お勧めコンテンツ

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 登録)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

絵文字画像がPNGからSVGへ(2016年8月15日 登録)

WordPressでは絵文字に対応していないブラウザ環境で絵文字を表示する仕組みをバージョン4.2から提供。絵文字に対応しているブラウザとそん色がない表示を実現する。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

最終更新日時 : 2013-04-04 12:47