wp_get_document_title

(4.4.0以降)
wp_get_document_title - ページタイトルを取得する

説明

string wp_get_document_title( )
ページタイトルを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

ページタイトルを返す。

注意

4.4.0でwp_title関数から代わったページタイトル生成関数となる。実際には本関数を直接呼び出さず、テーマのfunctions.phpでadd_theme_support関数することが推奨されている。

add_theme_support( 'title-tag' );

使用例

  • ページタイトルを取得する。
    <?php $title = wp_get_document_title(); ?>

フィルター

[4.4.0]はじめに'pre_get_document_title'フィルターを呼び出す。パラメータ$titleは標準では''となる。このフィルターで''以外を返すと以降の処理が行われず、それがページタイトルとなる。
$title = apply_filters( 'pre_get_document_title', $title );
[4.4.0]リクエストに応じてページタイトル要素を取得すると'document_title_separator'フィルターを呼び出す。パラメータ$sepは標準では'-'となる。
$sep = apply_filters( 'document_title_separator', $sep );
[4.4.0]タイトル要素の区切り文字を決定すると'document_title_parts'フィルターを呼び出す。パラメータ$titleはいくつかのタイトル要素の連想配列(キー'title'は必須で、'page'、'tagline'、'site'はリクエストに応じて追加される)となる。
$title = apply_filters( 'document_title_parts', $title );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する(2013年12月17日 登録)

管理者向けページが刷新したWordPress 3.8。そのダッシュボードページにはサイトの状況を示す「概要(At a Glance)」ウィジェットがある。この中には「投稿」や「固定ページ」の投稿件数が表示されており、同じようにカスタム投稿タイプの投稿件数を表示できないか調べてみた。

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

最終更新日時 : 2015-12-16 12:18