wp_get_mime_types

(3.5.0以降)
wp_get_mime_types - MIMEタイプのリストを取得する

説明

array wp_get_mime_types()
MIMEタイプのリストを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

MIMEタイプを連想配列で返す。

注意

連想配列の内容は、次の形式となる。
array(
	'jpg|jpeg|jpe' => 'image/jpeg',
	'gif' => 'image/gif',
	'png' => 'image/png',
	'bmp' => 'image/bmp',
	'tif|tiff' => 'image/tiff',
	'ico' => 'image/x-icon',
/* 途中省略 */
	);
キー名は拡張子、値が「タイプ名/サブタイプ名」となり、複数の拡張子は「|」で区切られている。

使用例

  • MIMEタイプのリストを取得する。
    <?php $mime_types = wp_get_mime_types(); ?>

フィルター

値を返す直前'gmime_types'フィルターが呼び出される。パラメータ$mime_typesにはMIMEタイプの連想配列が格納される。
return apply_filters( 'gmime_types', $mime_types );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

お勧めコンテンツ

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

最終更新日時 : 2012-12-20 12:25