wp_image_editor_supports

(3.5.0以降)
wp_image_editor_supports - イメージエディタがサポートしているか調べる

説明

bool wp_image_editor_supports( [ mixed $args = array() ] )
イメージエディタがサポートしているか調べる。

パラメータ

  • $args
    調べたいMIMEタイプおよびメソッド名を文字列または配列で指定(省略時は、array())。

返り値

サポートしている場合はtrueを、サポートしていない場合はfalseを返す。

注意

テーマ内で3.5の新機能であるWP_Image_Editorクラス系が使えるか確認する。

使用例

  • イメージエディタがMIMEタイプ'image/jpeg'をサポートしているか調べる。
    <?php if ( wp_image_editor_supports( array( 'mime_type'=>'image/jpeg' ) ) ) : ?>
  • イメージエディタがMIMEタイプ'image/jpeg'でrotateメソッドをサポートしているか調べる。
    <?php if ( wp_image_editor_supports( array( 'mime_type'=>'image/jpeg', 'methods'=>array( 'rotate' ) ) ) ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 登録)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

最終更新日時 : 2012-12-20 13:50