wp_make_link_relative

(2.1.0以降)
wp_make_link_relative - URLからフルパス名を取得する

説明

mixed wp_make_link_relative( mixed $link )
URLからフルパス名を取得する。

パラメータ

  • $link
    URLまたはURLの配列を指定。

返り値

フルパス名またはフルパス名の配列を返す。

注意

パラメータ$linkにはURLだけでなく、URLの配列を指定でき、それに応じて返り値も変わる。4.1.0からはURIスキーム(http:またはhttps:)がなくてもパス名が取得できる。

$link4.1.04.0.1以前
'http://localhost/?p=1''/?p=1''/?p=1'
'//localhost/?p=1''/?p=1''//localhost/?p=1'

使用例

  • URLからフルパス名を取得する。
    <?php $path = wp_make_link_relative( $url ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

お勧めコンテンツ

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

最終更新日時 : 2014-12-19 15:28