wp_mkdir_p

(2.0.1以降)
wp_mkdir_p - ディレクトリを作成する

説明

bool wp_mkdir_p( string $target )
ディレクトリを再帰的に作成する。

パラメータ

  • $target
    ディレクトリのフルパス名。

返り値

パラメータ$targetで指定されたディレクトリを作成できた場合はtrueを、作成できなかった場合はfalseを返す。なお、ディレクトリが存在する場合もtrueを返す。

注意

パラメータ$targetで指定されたパス名について、途中階層のディレクトリが存在しない場合はそれらのディレクトリも作成される。
作成したディレクトリの属性は、その親ディレクトリの属性が引き継がれる。

使用例

  • 自テーマ内にcacheディレクトリを作成する。
    <?php wp_mkdir_p( STYLESHEETPATH . '/cache' ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

  • wp_upload_bits - データをアップロードファイルとして保存する
  • wp_upload_dir - アップロードディレクトリ(パス名)を取得する

お勧めコンテンツ

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 登録)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

最終更新日時 : 2014-11-27 14:48