wp_style_add_data

(3.6.0以降)
wp_style_add_data - CSSファイルにメタ情報を追加する

説明

bool wp_style_add_data( string $handle, string $key, mixed $value )
スクリプト(CSSファイル)にメタ情報を追加する。

パラメータ

  • $handle
    スクリプト名を指定。
  • $key
    メタ情報のキー名('conditional', 'rtl', and 'suffix', and 'alt', 'title'の何れか)を指定。
  • $value
    メタ情報の値を指定。

返り値

メタ情報を追加できた場合はtrueを、追加できなかった場合はfalseを返す。

注意

wp_enqueue_style関数で登録したスクリプト(CSSファイル)に対してメタ情報を追加する。
パラメータ$keyに'conditional'を指定した場合は、パラメタ$valueの値をメタ情報のif文になる。以下は新テーマTwenty Thirteenの例。
<!--[if lt IE 9]>
<link rel='stylesheet' id='twentythirteen-ie-css'  href='http://localhost/wp-content/themes/twentythirteen/css/ie.css?ver=2013-07-18' type='text/css' media='all' />
<![endif]-->

使用例

  • スクリプト'mytheme-ie'に'lt IE 9'のメタ情報を追加する。
    <?php
    wp_enqueue_style( 'mytheme-ie', get_template_directory_uri() . '/css/ie.css', array(), '1.00' );
    wp_style_add_data( 'mytheme-ie', 'conditional', 'lt IE 9' );
    ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.wp-styles.php

関連

お勧めコンテンツ

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.7.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.0.0の新機能は「こちら」で確認してください。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

最終更新日時 : 2013-08-10 13:09