wp_title

(1.0.0以降)
wp_title - ページタイトルを表示する

説明

string wp_title( [ string $sep = '»' [ , bool $display = true [ , string $seplocaution = '' ] ] ] )
各種アーカイブページや投稿ページなど、要求されているページに応じたページタイトルを作成し、パラメータ$displayがtrueならば表示する。$displayがfalseの場合は、文字列として返す。

パラメータ

  • $sep
    区切り文字を指定。
  • $display
    タイトルを表示する場合はtrue(省略時)を、取得する場合はfalseを指定。
  • $seplocaution
    区切り文字の連結場所指定('right'かそれ以外)。'right'の場合は、作成したページタイトル文字列の後に区切り文字を連結する。'right'以外の場合はページタイトル文字列の前に連結する。

返り値

パラメータ$displayがfalseの場合はタイトルを返す。$displayがtrueの場合、返り値はない。

注意

パラメータ$sepで指定する区切り文字は、ページタイトルが空になる場合は連結されない。

本関数ではブログ名は出力(表示)されない。標準テーマ「Twenty Twelve」ではwp_titleフィルターを利用し、ブログ名を含めたり、ページ番号を追加するといった対応をしており、header.phpなどのtitleタグ出力部分をすっきりさせている。

使用例

  • ページタイトルを表示する。
    <title><?php wp_title('&laquo;', true, 'right'); ?> <?php bloginfo('name'); ?></title>
  • ページタイトルを取得する。
    <?php $title = wp_title( '' , false ); ?>

フィルター

[4.0.0]タイトルを組み立てる前にwp_title_partsフィルターを呼び出す。パラメータ$title_arrayはタイトルを区切り文字で分割した配列となる。
$title_array = apply_filters( 'wp_title_parts', $title_array );
[2.0.0]作成したタイトルを表示(または返す)直前にwp_titleフィルターを呼び出す。パラメーラ$titleには作成したタイトルが、$sep$seplocautionには本関数で受け取った値がそのまま格納されている。
$title = apply_filters( 'wp_title', $title, $sep, $seplocaution );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

投稿ページにキーワード検索ウィジェットを追加する(2012年6月2日 登録)

「投稿の編集」ページで記事を編集していると、関連する投稿記事を検索したくなることがある。そんな時、「投稿一覧」ページに戻って「キーワード検索」を行えばいいのだが、そのひと手間がちょっとだけ煩わしい。

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

最終更新日時 : 2015-12-14 17:39