$allowedposttags

(2.0.0以降)
$allowedposttags - 投稿できるHTMLタグ一覧

説明

array $allowedposttags
投稿時に有効なHTMLタグを連想配列(キー名が'a'や'h1'などのHTMLタグ名)で格納している。投稿(保存)時にこの中に定義されていないHTMLタグは除去される。

注意

WordPress 3.3.1標準の状態では、次のHTMLタグが登録されている。
a, abbr, acronym, article, aside, b, big, blockquote, br, button, caption, cite, code, col, del, dd, details, div, dl, dt, em, fieldset, figure, figcaption, font, footer, form, h1, h2, h3, h4, h5, h6, header, hgroup, hr, i, img, ins, kbd, label, legend, li, menu, nav, p, pre, q, s, span, section, strike, strong, sub, summary, sup, table, tbody, td, textarea, tfoot, th, thead, title, tr, tt, u, ul, ol, var
HTMLタグの登録内容は属性値の有無によって異なる。
/* 属性のないaddressタグの場合 */
'address' => array(),

/* 属性のあるaタグの場合 */
'a' => array(
	'class' => array (),
	'href' => array (),
	'id' => array (),
	'title' => array (),
	'rel' => array (),
	'rev' => array (),
	'name' => array (),
	'target' => array()),
なおkses.phpが読み込まれる前にプラグインなどによって設定するできる(その場合は定数CUSTOM_TAGSにtrueを設定すること)。

ソースファイル

/wp-includes/kses.php

お勧めコンテンツ

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

最終更新日時 : 2012-01-25 11:58