EMPTY_TRASH_DAYS

(2.9.0以降)
EMPTY_TRASH_DAYS - ゴミ箱を空にする日数

説明

EMPTY_TRASH_DAYS
ゴミ箱を空にする日数。主に管理画面にて投稿情報やコメント情報のゴミ箱へ移動したものを実際に削除されるまでの猶予の日数として数値を指定する。

注意

標準ではすべてのプラグインが読み込まれた'plugins_loaded'アクションの実行後、wp_functionality_constants関数によって定義される定数となる。独自の日数を指定する場合は、wp-config.phpで定義できるが、プラグインでも定義できる。

値は日数になり、0の場合はゴミ箱を使用せず削除となる。これは管理画面上だけでなく関数レベルで行われ、投稿情報をゴミ箱へ移動するwp_trash_post関数は、投稿情報を削除するwp_delete_post関数がすぐに呼び出され、コメント情報をゴミ箱へ移動するwp_trash_comment関数は、コメント情報を削除するwp_delete_comment関数がすぐに呼び出される。

使用例

  • EMPTY_TRASH_DAYSが定期されているか調べる。
    <?php if ( !defined( 'EMPTY_TRASH_DAYS' ) ) : ?>
  • EMPTY_TRASH_DAYSが0か調べる。
    <?php if ( !EMPTY_TRASH_DAYS ) : ?>

ソースファイル

/wp-includes/default-constants.php

関連

お勧めコンテンツ

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

テキストエディタの文字を変更する(2016年8月30日 登録)

テキストエディタ(投稿ページの「テキスト」タブのエディタ)に標準では備わっていない機能を追加する自作プラグイン「html entities button」がほぼ1年ぶりにアップデート。ここではバージョン2.0.0で追加したテキストエディタのフォント切り替え機能について紹介する。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

最終更新日時 : 2014-10-09 10:59