SHORTINIT

SHORTINIT - 初期化処理の短縮

説明

SHORTINIT
初期化処理を短縮するかどうかを示し、標準ではfalse(短縮しない)となる。

注意

他サイトとの連携やバッチ処理などの目的で独自処理のPHPファイルを作成する場合に使用する。初期化処理を短縮(簡略化)し、初期化処理を高速化できる効果がある。

初期化処理を短縮した場合ではデータベースとの接続は終わっており、グローバル変数$wpdbは利用できるが、ほとんどのWordPress標準関数、グローバル変数は利用できない。WordPressのデータベース構造やSQLについて十分に理解していないと目的の処理内容を記述するのは難しいと思われる。

なおwp-config.phpにこのdefineを記述するとエラーになる(WordPress 4.2.2で確認)。

使用例

  • 初期化処理を短縮して特定の処理を行う。
    <?php define( 'SHORTINIT', true ); require_once( dirname( __FILE__ ) . '/wp-load.php' ); /* 以下に具体的な処理内容を記述する。 */

ソースファイル

/wp-includes/default-constants.php

お勧めコンテンツ

Login rebuilder:プラグイン作ってみました(2013年1月18日 登録)

昨年投稿した「ログインページを変える」をプラグイン化。ログインページを独自の名前のページ変更し、標準のログインページwp-login.phpを使用できないようにするプラグインです。部外者によるwp-login.phpのアクセスにお悩みの方にお勧めします。また2.0.0では「XML-RPCリクエストの管理機能」を追加しました。

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する(2013年1月27日 登録)

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

最終更新日時 : 2015-06-16 13:04