WP_MAX_MEMORY_LIMIT

(3.0.0以降)
WP_MAX_MEMORY_LIMIT - WordPressが使用するメモリー上限値

説明

WP_MAX_MEMORY_LIMIT
WordPressが使用するメモリー上限値で標準では'256M'となる。

注意

標準ではwp_initial_constantsにて定義されている。管理画面などでメモリー不足になる場合はwp-config.phpに次のような内容を追加する(実際にメモリー割り当てできるかはサーバー環境に依存する)。

define( 'WP_MAX_MEMORY_LIMIT', '512M' );

manage_options権限を持つユーザの管理画面のほか、画像編集およびzipファイルの解凍時には、次のようにphpの'memory_limit'設定値を更新しており、'admin_memory_limit'フィルターで変更可能になっている。

@ini_set( 'memory_limit', apply_filters( 'admin_memory_limit', WP_MAX_MEMORY_LIMIT ) );

使用例

テーマやプラグイン内で直接使用することはないだろう。

ソースファイル

/wp-includes/default-constants.php

関連

お勧めコンテンツ

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

最終更新日時 : 2015-06-12 13:31